株式会社skalのスタッフブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都のおみやげをもらった。

なんだか高級そうなパッケージだ。
『お濃茶ラングドシャ/茶の菓』。

「きゃっ、かわいい」お守り型の朱色のタグ。
箱(内箱は黒)はがっしりしていて、「そうだっ」花札が入っていそうな感じ。

DVC00140.jpg

フタを開けると、
お抹茶色のお菓子と1枚のリーフレット。

キャッチコピーは、
「京都と巴里のコラボレーション」。
これだけでお、い、し、そ~

「・・・巴里のラングドシャにお濃茶を合わせ、
特製ホワイトチョコレートを包む。」
これで、抹茶色+オフホワイトのカラーが目に浮かぶ。

「ラングドシャの豊かな甘みとお濃茶のほろ苦い香り、
ホワイトチョコレートが口の中で溶けていく。」
これで、ビターな甘い香りにうっとりとろけてしまう。

リーフレットの裏には、
「京の匠」三人による技の共演、とお菓子自慢。

「京都限定」の文字で、もう買わずにはいられな~い。

DVC00141.jpg

「リーフレットをすみからすみまで読みながらお菓子を食べる」が、
わたしの数あるヘンな趣味の一つ。

『お濃茶ラングドシャ/茶の菓』は、
お抹茶のほろ苦さがしっかり感じられる
大人のスイーツどした。
スポンサーサイト
めちゃくちゃ楽しい本を発見した(図書館で)。

『お菓子のパッケージをリサイクル/エコ*コモノ
          (平田美咲著・(株)青山出版社) 』

捨てる運命にあった、お菓子のパッケージをかわいくリメイクする。

キャンディの包み紙でストラップを作ったり、
フーセンガムの箱(丸いガムが入ったやつ…)をマグネットにしたり、

こ、こ、これなんかメチャクチャかわいい。
パッケージの好きな部分を切り取って、あるいはそのまんまに
ひもを通して「しおり」や「メッセージカード」に変身させる。

DVC1119.jpg

作り方もいろいろ、使い方もお好きに。
なんでもありだから、応用アイディアがどんどん出てくる。

チロルチョコを→→→くるみボタン。

DVC11191.jpg

アイスクリームのカップで→→→針山。

DVC11192.jpg

紅茶のティーバッグの「ミニミニ封筒」なんか、カワイ過ぎると思いませんか?

DVC11193.jpg

こんなことができるのは、もともとのパッケージが素敵だから…。
商品を最高に魅せるために、
考えに考えられたグラフィックデザインだ。
ビジュアルだけでなく
商品を保護するという機能性も考えなくてはならない。
誰もが食べやすいように、ユニバーサルデザインを考慮する必要もある。

中身を食べたらおしまいでは、もったいない。

資源ごみ袋に捨てられていたパッケージを引っ張り出してきて、
チョキチョキ、チョキチョキ・・・・・・・・・
今、部屋の中はとんでもないことになっている。
瀬戸信用金庫(車道支店/名古屋市東区)に行た。

「う~、まだかしら…」、いっこうに名前が呼ばれない。
会社の口座解約だったから、時間がかかるのだろうか。
ふと見ると、
マガジンラックに画集があった。



『北川民次展』

「どうして瀬戸信用金庫と北川民次なのだろう?」と不思議に思い
画集を開いて、初めて知った。

北川画伯は、奥さまの実家のある瀬戸を拠点に創作活動をしていた。

愛知県の瀬戸は「せとものと陶芸の街」。
街の人々は北川民次を誇りとし、
窯元のご主人たちは北川民次の絵画を支援した。
そして
地元の瀬戸信用金庫も北川民次を大切にしてきた。
瀬戸信のカレンダーはだからいつも、北川民次の絵。

北川民次も瀬戸の街と人々を愛し、瀬戸の風景を多く描いた。
今でもアトリエが保存され、人々は北川民次を守り続けている。



「信金と画家」と不似合いな関係が、なにかいい…。
たっぷり待たされたおかげで、
素敵な物語を知ることができた。
「今日は文化の日だから」という訳ではないが、
図書館に行った。
ほほほ~、面白そうな本を発見!



「印刷・加工DIYブック/大橋健一郎、野口尚子、橋詰宗著・グラフィック社)」。

フライヤー、冊子、カード、パッケージ、イベント案内状、グリーティングカード、
さらにはミニブックから、雑誌・書籍等々
デザインが関わるものはたくさんあるが、
その大きな使命は、
「少しでも消費者に目に付くように、手に取ってもらえるように、そして保存しておいてもらえるように」すること。

「そのためにちょっとした工夫や味付けを、自分で手作業で(DIY)やってやろうじゃないか~!」というのが、この本。

例えば、フライヤーにパンチで1つ穴を開けただけで、
ものすごくステキなデザインになることもある。

クシャクシャにしたり、
ジグザグ縫ったり、
色鉛筆で色をつけたり、
スプレーしたり、
スタンプしたり、
破いたり、
紐を通したり、
ギザギザ切ったり、、、、、、、、、、、

100や200、
いや1000や2000ぐらいは、ちょちょいのちょい♪

スコールは、
一工夫も、二工夫も、三工夫もあるデザインをいたします。
「目に付く、手に取りたくなる、保存したくなる」デザインをいたします。
何なりとご相談ください。

 | HOME | 

Calendar

« | 2011-11 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Comments

Appendix

skalDesign

skalDesign

skal_design
スコールデザインです。

グラフィックデザインやウェブデザインのことなどいろいろと更新していければな…と考えています。

営業時間のご案内
[月~金] 9:30~18:30

電話番号
052-861-1070

住所
〒467-0037
名古屋市瑞穂区弥富町上山157-1 107号

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。